3×3バスケ東京オリンピック正式種目入り!3on3からの進化!

2020年開催 東京オリンピック

正式種目に採用され

現在

話題沸騰中のバスケットボール

3×3(スリーバイスリー)

をご存知ですか?

今回は

ストリートバスケ

3on3(スリーオンスリー)から

進化を遂げた!

3×3(スリーバイスリー)

ルールや魅力について

ご紹介します!

スポンサーリンク


3×3バスケとは?


3on3(スリーオンスリー)と呼ばれる

3人制(3人1チーム)のストリートバスケ

国際バスケットボール連盟(FIBA)が

公式スポーツとして

ルールを統一し進化させたものが

3人制バスケットボール

3×3(スリーバイスリー)です!

東京オリンピック正式種目に

採用されたこともあり

日本でも人気急上昇の

注目すべきスポーツなのです!!!

現在

日本バスケットボール協会(JBA)公認

3人制バスケットボールの

トップリーグ

3×3.EXE PREMIER

(スリーバイスリードットエグゼプレミア)

からも目が離せません!


3×3のルールとは?


コートサイズ

  • 横15m 縦11m

試合時間

  • 10分間の1ピリオド 終了時得点の多いチームが勝利
  • 片方のチームが21点以上先に得点した時点で試合終了

得点

  • ツーポイントライン内側からのシュート → 1点
  • ツーポイントライン外側からのシュート → 2点
  • フリースロー → 1点

ショットクロック

(ボールを手にしてからシュートを打ち攻めきらなくてはならない制限時間)

  • 12秒

人数

  • 交代要員含む 4人以内

公式球

  • 6号サイズの大きさで7号サイズの重量

男子5人制の公式球よりも

小さく掴みやすくなっている

まだまだ他にも

3×3ならではのルールが設定されています!

スポンサーリンク


3×3の魅力とは?


最大の魅力は

5人制のバスケに比べ

1試合10分

ショットクロック12秒と

短時間に全力を出し切る必要があるため

攻防の切り替わりが目まぐるしい

試合展開の速さ!

見逃せない強引な迫力全開のプレーが

会場を興奮に導き

観客を惹きつけます!!!

さらに

3×3と5人制には

シュートの価値に大きな違いがあります!

5人制

ロングシュート3点 通常シュート2点で

ロングシュートは通常シュートの1.5倍

の価値ですが

3×3

ロングシュート2点 通常シュート1点で

ロングシュートは通常シュートの2倍

の価値がある為

3×3において

ツーポイントロングシュートは

戦術の大きなカギを握っていると言っても

過言ではないでしょう!!!

あとはやはり

コートサイズがハーフであるため

限られた狭いスペースで

少人数しかいなくても

楽しめることは大きな魅力だと思います!

スポンサーリンク


まとめ


5人制の現役プレーヤーはもちろん

過去に部活でのバスケ経験者や

ストリートバスケのプレーヤー

大人から子供まで楽しめる

3×3バスケ

2020年 東京オリンピック

注目観戦して

盛り上がりたいですね♪

関連記事

スポーツクライミング東京オリンピック正式種目でボルダリング人気!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする