尿素水アドブルーとは?ディーゼルトラックや新型プラドになぜ必要?

アドブルー(AdBlue®)と呼ばれる尿素水

ディーゼルのトラックやバス

乗用車では

ディーゼルの新型プラドやハイエースに

必要なことはご存知ですか?

今回の記事では

尿素水アドブルー(AdBlue®)とは何か?

なぜ尿素水アドブルー(AdBlue®)が必要なのかを

簡単にご紹介します。

スポンサーリンク


ディーゼルトラックや自動車に必要なアドブルー(AdBlue®)と呼ばれる尿素水とは?


アドブルー(AdBlue®)とは

尿素水の商品名

ドイツの自動車工業会(VDA)の登録商標です。

一般的に

尿素水=アドブルー(AdBlue®)

と言う認知度ですが

高品質であるブランド力からか

広く名を馳せています。

スポンサーリンク


なぜディーゼルトラックや自動車に尿素水アドブルー(AdBlue®)が必要なの?


ディーゼルから排出される排気ガスには

Nox や PM と言った

有害物質が含まれているため

「自動車Nox・PM法」という

国が環境基準を定めた法律があります。

ディーゼルのトラックやバスなどは

この基準をクリアするため

排気ガス対策が必要で

環境に有害な

窒素酸化物(Nox)

アンモニア(NH3)と化学反応させ

環境に無害な

窒素(N2)水(H2O)に分解する

尿素SCRシステム

と呼ばれる装置を

搭載している車両があります。

その装置で使用するものが

尿素水アドブルー(AdBlue®)なのです!

ん!?

ここで気づきましたか?笑

スポンサーリンク

アンモニアと化学反応させるのに

アンモニア水でなく

なぜ尿素水?

と疑問が湧きますが!

アンモニア水(NH4OH)

特有の強い刺激臭があることと

気化したアンモニアガスは

毒性と可燃性が強く危険なため!

安全で無害な

尿素水(CO(NH2)2)

装置の中でアンモニア変換して

使用しているのです!!!

このため

経費削減などの目的で

尿素水を薄めて使用してまうと

装置の浄化能力は

低下するでしょうし

不具合が起きる可能性は

否定できませんのでご注意を!

スポンサーリンク


いつまで続く?今後 日本国内での尿素水アドブルー(AdBlue®)の需要は?


今後も世界的には

電気自動車の開発と普及が

加速されていくと思います!

しかし

日本では

各自動車メーカーが

これまで世界の先端を走り続け

誇ってきた

エンジン車両の技術開発を手放し

電気自動車開発へと全て乗り換えることに

まだまだ躊躇もあれば

国内ユーザーからの

エンジン車両需要も豊富なため

日本での

電気自動車の普及は

世界的に見て

かなり遅れをとると思われます

スポンサーリンク

これは

携帯電話(ガラケー)が

日本国内で独自に進化を遂げ

その技術が優れていたため

やはり開発技術を手放しきれず

日本国内での

スマートフォンの普及が

世界的に見て

かなり遅れてしまったことと

似ているかもしれません

ですから日本は

その二の舞を繰り返す可能性は

かなり高く

大型トラックなど

電気自動車化の普及は

残念ながら

まだまだ

年月が必要とされることが

予想されます

いずれ

電気自動車の普及とともに

需要は減っていくはずの

尿素水アドブルー(AdBlue®)

ですが

パワーのあるディーゼルエンジン

必要とされているかぎり

まだこの先しばらく

尿素水アドブルー(AdBlue®)の需要は

続くと思われます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする