上手な安全運転3つのコツ!事故に遭わない起こさない為の心得とは?

自身や家族、知人が交通事故に遭った

または

起こしてしまった

そんな経験が一度はあるのではないでしょうか?

今回は

危険が潜んでいるにもかかわらず

おろそかにされがちな

危険ポイントを抑え

少しでも事故防止する為の

上手な安全運転3つのコツ

ご紹介します!

スポンサーリンク


上手な安全運転のコツ 1


自分の運転する車の

前や横などを走っている

または

路肩に停まっているような周囲の

他の車のナンバープレートって

チェックしていますか?

ん?

ナンバー見てどーすんの??

わき見するなってこと??

さっそく疑問が聞こえてきそうですが

運転中に周囲の車のナンバープレートは

チェックしてください!

しかし

チェックするのは

ナンバープレートのナンバーではなく

ナンバープレートの上の方に小さく書かれている

都道府県や地域です!

勘のいい方は

もうお気づきになったかもしれませんが

県外ナンバーや地元外ナンバーの車は

道をよく知らなかったり

周囲のお店などを探しながら運転している可能性が

地元ナンバーの車よりも高く

急ブレーキだったり

急にハンドルを切っての車線変更など

予測しにくい

危険な運転をしてくることがあります!

こんな時

「あぶねー!バカかこいつ!!ヘタクソが!!!」

などと叫ばないにしても

つぶやいたり思ったりすることがあるでしょう

ですが

事前に

その運転の動きをある程度予測し

前と横の車は県外ナンバーだから…

急ブレーキや急な車線変更に対応できるよう

車間距離を少し空けて

準備しておいてあげてたら?

急な動きにも対応できますよね!

「はいはい♪思った通り♪♪やっぱりねー♪♪♪」

といった感じで

今まで

周囲の車の運転に対応できず

あぶねーバカかこいつなヘタクソが

本当は誰だったのかに気づきますよね♪笑

上手な安全運転とは

テクニックではなく

周囲の車に危険な思いをさせない

安全に導くような

思いやり譲り合いの

美しい運転のことだと思います!

まずは

県外ナンバーや地元外ナンバーをチェックし

危険予知運転を心掛けてみてください。

次第に運転に対する視野が広くなり

安全運転への考え方も

ステップアップしたと実感できるはずです♪


上手な安全運転のコツ 2


カーブの多い山間部の道路や

狭い路地などの多い住宅街には

カーブミラーがたくさん設置されていますね

運転に不慣れな人は

カーブミラーに頼ることが不安なため

目視に頼りがちであったりします

しかし

カーブミラーは

目視だけでは

死角となり安全確認が不十分な場所に

設置されているものですから

当然

カーブミラーがある場合は

目視に頼らず

必ず!

カーブミラーを確認してください!!!

徹底して!

カーブミラーを確認してください!!!

目視では確認できなかった

危険が

カーブミラーの中に潜んでいる可能性は

十分にあります!

カーブの向こうの対向車が見えれば

路地の向こうの自転車が見えれば

事前に危険を察知し

飛び出しに備え

減速することができます!

カーブミラーがある場所では

必ず

カーブミラーを確認するよう心掛けましょう♪

スポンサーリンク


上手な安全運転のコツ 3


最後に運転に不慣れな方や

安全運転への意識が低い方が

もっとも苦手とする

駐車場などでの駐車方法です!

ついつい

コンビニなどの駐車スペースに

車を頭から突っ込んで

停めてしまいがちですよね

「バックで停めるのは苦手だし…」

「何度も切りかえして停めるのは面倒だし…」

「頭から突っ込んだほうが早いし…」

気持ちは

よぉーーーーくわかります!

しかぁーーーーし!

安全運転への意識が高い方は

たとえ何度切りかえしても

「前進駐車で」と特別に指定がないかぎり

バックで駐車し前進発車を心掛けます!

なぜなら

バックが苦手な人が

動く車や歩行者がいる可能性が低い場所に

バックで入るより

動く車や歩行者がいる可能性の高い場所に

バックで出てくる方が

どう考えても危険ですよね!

以前

運転の苦手な知人から

「商業施設などの駐車場で何度も切りかえしたり、もたついてバックで停める時に待たせてしまっている車からのプレッシャーに耐えられないから頭から突っ込むようにしている」

と聞きました

ですが

よく考えてください

駐車に時間かかってしまい

「運転苦手でごめんなさい」

なら許してもらえるでしょうが

ぶつけてしまったり

ケガを負わせてしまった場合

「運転苦手でごめんなさい」

では許してもらえない

取り返しのつかないことにもなりえます!

自動車教習所で

バック駐車が一発でできたからこそ

免許証をもらえたはずです

たしかに教習所には目印があったかもしれません

しかし

ハンドルを切る技術は同じです

焦らずゆっくり

何度かやっているうちに感覚が身につくでしょう♪

少し広めの公園やピークの時間帯が過ぎた

商業施設の駐車場などで

ちょっと意識して何度か練習してみれば

おのずと自信がつきます!

その時に

直接振り返って目視でバックするのではなく

サイドミラーで確認しながら

バックしてみてください♪

一見、目視の方が安心な気がしますが

振り返ってしまうと真後ろしか見えず

視野はかなり狭いので危険です!

バックしているとはいえ

前方や横からの危険を察知できません

夢を壊すようで悪いのですが…

運転席の男性が助手席に腕をまわし

振り向いて車をバックさせる姿に

キュンキュンする♪

女性が憧れる

シチュエーションのひとつとしてよく聞きます

たしかに

顔が近くに急接近し真剣なまなざしが

カッコイイ

それはわかるのですが

残念ながらその方の運転は…

これ以上は口が裂けても言えません!笑

駐車する時は

焦らずゆっくりバックでつけて

前進発車を心掛けましょう!

スポンサーリンク


まとめ


交通事故は交差点でもっとも多く発生します。

今回ご紹介した

上手な安全運転の3つのコツですが

「だいたいやってる気がする」方と

「必ず毎回意識してやってる」方とでは

まったく変わってきますので。

事故を起こしてしまった時の恐れを知り

普段から周りの車に対して

思いやり譲り合いの気持ちで

美しい運転を心掛けてください♪

車を人が運転し動いている限り

事故が完全になくなることはないでしょう

ですが

事故を限りなくゼロに近づけるため

安全運転を心掛けることは

大切です!

ぜひ

普段から実践してみてください♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする