フラッグフットボール!小学校や教育の場でいじめ根絶の効果に期待!

チームメイト全員が活躍の機会を持てるため

いじめの根絶に効果が期待できる

現在

小学校など教育の場で話題になっている

フラッグフットボールをご存知ですか?

今回は

アメリカでは教育の場にかぎらず

レクレーションや競技としても認知度の高い

フラッグフットボールについて

ご紹介します!

スポンサーリンク


フラッグフットボールとは?


名前から

ある程度の予測がつくと思いますが

ルーツは

アメフトこと!

アメリカンフットボールです!!!

激しいタックルの代わりに

選手の左右両腰につけた

タオルやフラッグを取ることから

フラッグフットボール

名づけられました。

5人対5人で得点を競い

アメリカンフットボールの

チームワークによる戦略性と

安全に狭いスペースで

少人数でも楽しめるスポーツとして

注目を集めています!


フラッグフットボールのルール


公式ルールには

小学生対象ルールと中学生以上対象ルールとに

若干違いがありますが

今回は

小学生対象ルールをご紹介します

5人対5人にのチームに分かれ

お互いの得点を競い合います!

まず

先攻後攻を決め

攻撃側がボールを持ち

スナップ(足の間からボールを後方の味方にパス)

を合図にプレー開始!

相手ゴール目指して走ったりパスを使い

前進していきます

4回以内の攻撃で

相手ゴールにボールを持ち込むことができれば

得点(タッチダウン)となります!

守備側は

ボールを持った選手のフラッグを取る

相手が投げたボールを

インターセプト(パスをキャッチして阻止)し

攻撃側の前進を止めます!

攻撃側が

4回以内の攻撃で得点する

4回以内の攻撃で得点できなかった場合

もしくは

守備側が

攻撃側のパスをインターセプトした場合

攻守交代となります!

インターセプトの場合はその瞬間から

攻守が切り替わりプレー続行となりますが

4回までの攻撃のたびに

作戦会議(ハドル)ができ

60秒以内に

実行するセットプレーの作戦を決定します!

スポンサーリンク


フラッグフットボールの魅力とは?


戦略的なセットプレーを繰り返しながら

得点を競うため

チームメイト同士で話し合い

セットプレーの作戦図なるものを作ります!

この作戦図づくりこそ

フラッグフットボール最大の醍醐味

作戦図には

矢印などを使い

チーム全員の動きを書き込み戦略を立てます!

このとき

運動の得意な子は

運動の苦手な子の役割も考えるようになり

運動の苦手な子にもチーム内での役割ができ

活躍の場がおとずれるのです!!!

個人プレーで勝利することは困難なため

チームメイトと話し合い

アイデアを駆使しての作戦タイム

勝利への重要なカギを握ります!!!

スポンサーリンク


まとめ


フラッグフットボールは

「思考判断力」

「コミュニケーション力」

「体力」

この3つの要素を伸ばし

育てることができると高く評価されています!

さらに

チーム全員で立てた作戦を成功させてこそ

勝利できるスポーツであることから

チームメイト同士

お互いのよいところ

お互いの役割に目を向ける習慣がつき

いじめの根絶にも

効果が期待されている

魅力的なスポーツなのです!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする