1円玉に描かれているかわいいデザインの木は架空の木の絵だった!

日本では

一番金額の安い硬貨として

身近に使われている

1円玉ですが

実は

作るたびに赤字であったり

描かれている

かわいい木のデザインには

モデルとなった木は存在せず

架空の木だということを

ご存知ですか?

今回は

1円玉の製造コストや

描かれている木のデザイン

世界に類を見ない

1円玉に隠された独特の特徴について

ご紹介します!

スポンサーリンク


作るたびに赤字!? 1円玉の製造コストは?


日本では

一番金額の安い硬貨としておなじみの

1円玉ですが

なんと!

製造するたびに赤字とのこと!!!

2003年当時は

1枚あたり13円もの赤字で

現在は

1枚あたりのコストが3円で

製造しているらしく

消費税が8%に上がることで

需要が高まると予測し

2013年~2014年にかけて

2億枚近く製造されたとのことです!

「えー!なにそれ赤字の硬貨作ってダメじゃん!!」

と心配される方もいらしゃるでしょう

ですが安心してください

1円玉についての製造では赤字ですが

他の硬貨や紙幣についての

製造コストは

硬貨の金額よりも安いため

トータルで赤字になっているわけではないのです♪

スポンサーリンク


1円玉のデザインは架空の木?


まずは

1円玉にかぎらずですが

硬貨に絵が描かれている方の面が

表です

逆に金額の数字が描かれている方の面が

裏だということを覚えておきましょう

1円玉の表に

描かれている木のデザインなのですが

1954年(昭和29年)に

1円玉と50円玉は

40日間の一般公募により選ばれました

硬貨としては初めての一般公募で

わずか40日間という

短い期間だったにもかかわらず

2581点もの応募があったとされています

そして

その中から選ばれた

1円玉の表は

中村雅美さんによる

「若木」という題名のデザインで

1円玉の裏は

高島登二雄さんによるデザインでした

「若木」のデザインには

モデルとなった木は実際に存在せず

特定のモデルがないからこそ却って(かえって)どの木にも通じる

といった考え方だそうです

深い!

素晴らしいセンスですよね!!!

デザインもよく見てみると

現在でも

まったく古臭さは感じず

私には

かわいいデザインに思えてしまいます♪

身近な硬貨のデザインとして

ぴったりですね♪

スポンサーリンク


1円玉に隠された独特の特徴とは?


1円玉は

ご存知のとおり

日本の硬貨の中で

一番金額が安く一番重さが軽い

硬貨です

材質は アルミニウムで

重さは 1.0g

はっきり言って

めちゃくちゃ軽いです!

しかし

軽いとは言え

アルミニウムは金属であり

比重を考えれば

水に浮かぶものではありませんよね?

ですが

容器に水を入れ

1円玉を静かに水平に保ち

そっと水面に置いてみてください

もうおわかりでしょうが

金属であるはずの1円玉が

不思議なことに浮いてしまいます!

スポンサーリンク

これは

世界中ほかのコインでは

考えられないほど独特な特徴で

外国の方々は

おどろきのコメントを残すほどなのです!

なぜ

日本の1円玉は水に浮くのか?

その原因は

水の水面に働く表面張力が関係しています

水は

水面を小さくしようとする働きがあり

1円玉の重みで

その部分の水面が下がり

面積が広がった水面を

押し上げることで

水面の面積を元に戻そうとする力(表面張力)と

1円玉の重みがつり合って

浮かぶことができるのです!

ですが

1円玉の表面が濡れている条件では

水に浮きませんので

チャレンジする際は

その点に気をつけて

おこなってみてください♪

スポンサーリンク


「一円玉天気」ってどんな天気?


気象業界では

「一円玉天気」

という言葉を

使うことがあるそうなんですが

どんな天気を例えた意味だかわかりますか?

ヒントは

一円玉は日本の硬貨の中で一番小さい金額の硬貨です

勘のよい方は

もうおわかりですかね♪

一円玉は一番小さい金額の硬貨であるため

これ以上

両替できない

細かく崩せない 崩しようがないことから

崩れようがないほどの天気

快晴や日本晴れ

のような天気を

「一円玉天気」

と例えて使うようです

へぇー♪

一円玉を身近に感じる

なかなか面白い例えですよね♪

現在

電子マネーの普及がすすみ

1円玉の需要が減っているとのことですが

1円とはいえ疎かにせず

愛着をもって大切に扱いたいですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする