ビジネスで活かせる!スーツパンツの着こなしルールとマナーとは?

スーツパンツは

丈の長さによって

シルエットが大きく変わり

見栄えがまったく違ってきます!

今回は

スーツパンツを

ビジネスシーンでかっこよく!

尚且つ

失礼にならない

スーツパンツの

着こなしルールとマナーについて

ご紹介します!

スポンサーリンク

まず

スーツパンツは

カジュアルのデニム、ジーンズや綿パンと違い

決して腰パンにならない様

腰骨に引っ掛けて穿く感覚ではなく

きちんとウエスト穿きを心掛けてください

あまりにハイウエストで

パンツがお知りに食い込んでしまっても

逆効果ですのでご注意を!

パンツの丈はスリムデザインの場合

ノークッションと呼ばれ

パンツの裾が靴に触れない長さが流行の様です。

しかし

ゆったりタイプの場合短すぎはNGです!

ワンクッションと呼ばれ

靴の甲の上でパンツの裾が軽く一回折れる程度が

バランスもよく

パンツのシルエットが美しく見えます!

長くなりすぎるとシルエットが崩れてしまうので

裾上げの際は必ず靴を履いた状態で

絶妙な長さにピン打ちしてもらいましょう!

スポンサーリンク

好みですが

裾上げの際モーニングカットと呼ばれる

足の甲から、かかとにかけて

若干斜め後ろにカットしてもらうと

パンツのシルエットを崩さず

脚が長く見える効果もあるのでオススメです!

関連記事

ビジネスで活かせる!ネクタイの着こなしルールとマナーとは?

ビジネスで活かせる!ワイシャツの着こなしルールとマナーとは?

ビジネスで活かせる!スーツジャケット着こなしルールとマナーとは?

スーツに合わせる!靴、ベルト、靴下の着こなしルールとマナーとは?

スリーピーススーツ「ベスト」の着こなしルールとマナーとは?

最後にまとめ記事あり

ビジネスで活かせる!スーツの着こなしルールとマナーとは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする