ビジネスで活かせる!スーツの着こなしルールとマナーとは?

ビジネスシーンで失礼なく!尚且つ!かっこよくスーツを着こなすルールやマナーご存じですか?

今回の記事では、普段なかなかスーツを着用する機会が少ない方にも参考にしていただける様ポイントを押さえ、解説していきます。

いつもかっこよくスーツを着こなしているあの人も、じつは、この着こなしルールとマナーを知っているのではないでしょうか。

このルールとマナーさえ守って着用すれば、あなたも見違えるほどかっこいいスーツ姿を手に入れることができるはずです!!!

スポンサーリンク


ネクタイの着こなしルールとマナーとは?


ネクタイはジャケットを着ていても一番目立つ顔の下に位置する為、ネクタイの占める印象の割合はかなり大きく、ココは外せないポイントです!!

まず、ネクタイは首元までしっかりと締め付け、ユルユルの状態にならない様、気をつけてください。慣れないと窮屈に感じると思いますが、ここに清潔感があることで印象がガラッと変わります!

ディンプルと呼ばれる、結び目の下にできる、くぼみをキレイに作ることで上品に見えますが、スリムタイプのスーツに合わせる様な細身のネクタイであれば、ディンプルを作る必要はないと思います。

ネクタイの幅はジャケットの襟の一番広い部分と同じくらいのものを選択するとバランスがよいです。

ネクタイの長さですが、長すぎても短すぎてもNG!特に長すぎは、だらしないイメージになってしまいます。剣先と呼ばれるネクタイの先端がベルトのバックルの中央に位置する様、ベルトの穴の位置を目安にするとよいでしょう。

さらに胸元にボリュームを持たせることで見栄えがまったく変わってきます!それにはタイバーと呼ばれるクリップの様な形をしたアイテムを使い。少しネクタイを浮かせる感じでジャケットの胸元から見える程度の位置でタイバーとネクタイをシャツに固定しましょう。しかし、あまり誇張しすぎるとビジネスシーンではふさわしくありませんのでご注意を。


シャツの着こなしルールとマナーとは?


シャツは首回りと袖丈のサイズがポイントです!自分のサイズがわからない場合は、購入する際に販売員さんに測ってもらいましょう首回りは指二本程度のゆとりを目安、袖丈は親指の付け根の下にある手首からふっくらとした部分にギリギリかからない程度を目安にしてください。

ネクタイを締めた際にシャツの一番上のボタンを開けるのはNGです!ボタンは一番上まできちんと留め、ネクタイ同様、首元を清潔なイメージで印象アップしてください!

シャツの襟にボタンが付いたボタンダウンと言ったタイプのシャツがありますが、このタイプはカジュアル色が強いため、ビジネスシーンでネクタイを着用する場合は選択しない方が無難です。しかし、クールビズなどでノーネクタイのスタイルでは首元のアクセントになるデザインと襟の形がキレイに整うためオススメです。

シャツ選びで忘れてはいけない重要ポイントに生地の素材があります!

綿100%のシャツは、しっかりとアイロンかけできれば上質で品のある印象になります!しかし、シワになりやすく扱いは難しいです。一方、ポリエステルやナイロン素材が含まれるシャツは、アイロンかけが簡単でシワになりにくい特性があるため、扱いやすいです。

好みに分かれると思いますが、綿に多少ナイロン系素材の含まれるシャツを選択するのがオススメです。

スポンサーリンク


スーツの上着ジャケットの着こなしルールとマナーとは?


まず、一番知られていない可能性があると思われるのが、ジャケットの一番下のボタンは留めずに外したままにしてください。諸説ある様ですが、昔は馬にまたがるため動きやすい様、一番下のボタンは外したままにしていたものが定着したものです。今では一番下のボタンは飾りのようなもので、留めない前提でデザインされていますから、留めてしまうとジャケットの裾が突っ張ってシワが浮立ちシルエットが崩れてしまいます。

三つボタンのジャケットに関しては、一番下のボタンを外すのは同様ですが、一番上のボタンの位置が襟の一部のように少し裏返っている、だんがえりと呼ばれるデザインに限っては、一番上のボタンも留めないことを前提にデザインされていますので、真ん中のボタンのみ留めるようにましょう。

ジャケットのボタンは座っているときは外してよいのですが、立っているときは必ず留める!を心掛けてください。しかし、スリーピースと呼ばれるタイプのスーツは、ジャケットの下にベストを着用しているので、立っているときもボタンを留めなくてOKです!

ジャケットの両脇ポケットについているフタがありますが、屋外ではポケットの外に出し、屋内では内側にしまうのが基本的なスタイルです。

サイズ感ですが、上着の裾でお尻がギリギリ隠れる程度、パンツとジャケットのバランスが1:1の着丈が無難です。イタリア系のスーツはカジュアル色が強い傾向にあり、着丈が若干短めのものがあります。肩幅もイタリア系は肩パッドを強く効かせてないので、ジャストサイズで着こなしますが、ビジネスシーンでは、イギリス系のスーツを選択して、肩幅プラス指一本を目安に着こなしてください。胸元は一番上のボタンを留めた位置でジャケットと身体の間に、こぶし一個分のゆとりがベストだと思います。

最後に忘れがちなのが袖丈です。腕を身体の横に下げた状態でジャケットの袖からシャツの袖が1~1.5㎝見えているのがベストです!これはジャケットの袖を汗などで汚さない為にシャツを少し長めにする意味もありますが、シャツがチラリと見えることでメリハリが生まれスマートなイメージになります。袖丈の補正は是非行ってみてください!


スーツパンツの着こなしルールとマナーとは?


まずは、カジュアルのデニム、ジーンズや綿パンと違い、決して腰パンにならない様、腰骨に引っ掛けて穿く感覚ではなく、きちんとウエスト穿きを心掛けてください。あまりにハイウエストでパンツがお知りに食い込んでしまっても逆効果ですのでご注意を!

パンツの丈はスリムデザインの場合、ノークッションと呼ばれパンツの裾が靴に触れない長さが流行の様です。しかし、ゆったりタイプの場合短すぎはNGです!ワンクッションと呼ばれ、靴の甲の上でパンツの裾が軽く一回折れる程度がバランスもよく、パンツのシルエットが美しく見えます!長くなりすぎるとシルエットが崩れてしまうので、裾上げの際は必ず靴を履いた状態で絶妙な長さにピン打ちしてもらいましょう!

好みですが、裾上げの際モーニングカットと呼ばれる、足の甲から、かかとにかけて若干斜め後ろにカットしてもらうと、パンツのシルエットを崩さず脚が長く見える効果もあるのでオススメです!

スポンサーリンク


靴、ベルト、靴下の着こなしルールとマナーとは?


スーツで着用する靴とベルトは、黒か茶色が好ましいと思いますが、基本的に靴とベルトは色を同じに合わせて選択しましょう。靴下はスーツか靴のどちらかの色に合わせて選択すればOKです。

靴は、皮または合皮製の紐靴タイプが好ましいです。ローファーやモンクストラップタイプはビジネスシーンではバランスが微妙かもしれません。ダブルモンクタイプなど流行に乗ったものを購入してしまうと、流行が去ったあとに履き辛くなってしまう可能性もあるので注意してください。理想は毎日同じ靴を履かない!最低二足は購入し、ローテーションすれば靴を長持ちさせることにつながります!!!

ベルトを留める穴の位置は、短すぎても長すぎてもNGです!いくつかある穴の真ん中付近の穴に留めれるサイズがウエストの印象をアップさせます!

靴下の丈の長さですが、イスに座った際にパンツの裾から肌が見えてしまわない様、長めのものを選択しましょう。


スリーピーススーツベストの着こなしルールとマナーとは?


ベストを着用していれば、ジャケットを脱いでもフォーマルと認められるので失礼にあたりません!

ベストの丈が短く、ウエスト部分のシャツが見えてしまうと台無しですのでベルトが隠れてしまう程度の着丈を目安にしてください。

ベストもジャケットと同様に一番下のボタンは留めないでください!これはジャケットの一番下のボタンを留めない理由とは違い、ちょっとオシャレなエピソードがそのまま定着したものと言われています。最近では留めないことを前提に留めることができない位置にボタンが付いたデザインのものもあります。

スポンサーリンク


まとめ 総合的!スーツの着こなしルールとマナーとは?


今回、色々なポイントを提案してきましたが、最後にまだまだ重要なポイントを紹介したいと思います!

スーツのジャケットとパンツ共にシルエットを崩さないため、カバンを使用し、できればポケットにはハンカチ、名刺入れの他に何も入れないでください!

車など乗り物に乗って座る場合は、ジャケットを脱いでおくとシワ防止になります。

ストライプやチェックなどの柄物は、スーツ、シャツ、ネクタイ、いずれかのアイテムのうち一つだけにし、他の二つのアイテムに関しては無地を選択するとスマートで上品なイメージになります!ビジネスシーンでの柄物はチェックよりストライプの方が無難で、シャツは白または青系統が清潔感を引き立たせると思います!

あとは、スーツ姿をかっこよく見せるための、よい姿勢を心掛けましょう!

最後にここまで読んでいただきましたが、なかなか実践はむずかしよ…という方も、とにかくこれさえ押さえておけばなんとかなる!重要ポイントがあります!!!

それは

スーツは結局のとこ清潔感で大きく印象が変わります!!!

手入れされたピカピカの靴!アイロンの効いたパリッとしたシャツ!パンツにピッチリ浮き出たセンタープリーツ!とにかくスーツスタイルにとってシワは大敵です!ジャケットにもスチームをあてるなど、シワのないものを着用し、清潔感あるスーツスタイルを心掛けてください。

ここまできて補足ですが、スーツは毎日同じものを着用しない!最低三着は購入し、ローテーションすればスーツを長持ちさせることにつながります!!!

今回紹介させていただいた、着こなしルールやマナーに沿ってスーツを着用することにより

是非!

かっこいいスーツ姿を手に入れていただきたいと思います!!!

関連記事

ドレスコードの平服とはどんな服装?恥をかかない為のマナーとは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする