スポーツクライミング東京オリンピック正式種目でボルダリング人気!

2020年 東京オリンピック

正式種目採用となった

スポーツクライミングですが

日本で

注目され話題になっている

ボルダリング

スポーツクライミングの一種だと

ご存知でしたか?

今回は

東京オリンピック観戦に必要な

スポーツクライミング

知識や魅力を

ご紹介します!!!

スポンサーリンク


スポーツクライミングとは?


道具に頼らず自然の岩場を登る

「フリークライミング」を元に

人工的に作ったカベに

ホールド(石のような形のカラフルな突起物)

を付け

己の身体ひとつでカベを登る

スポーツ競技として発展させたものが

スポーツクライミングです。

オリンピック種目としては

「リード」

「ボルダリング」

「スピード」

この3つの競技の総合成績を競う

複合競技として

男女2種目が採用されました!

日本でブームになっている

「ボルダリング」とは

スポーツライミングの中の

種目の1つだったのです。


「リード」のルールと見どころは?


「リード」は

6分の制限時間内に

高さ12mを超えるカベに設置されたコースで

どこまで高く登れるかを競います!

安全のためにロープを付けていますが

途中で落下した場合

その時点が記録となり

再チャレンジはできません。

一番上まで登り切った選手

または

同じ高さまで到達した選手が

複数いた場合は

到達タイムにより順位が決定されます!

「リード」は長い距離を登るため

「持久力」を必要とします。

少しでも体力を温存しながら

ムダな動きを最小限に

ルートを見極め攻略する判断力も

重要なポイントです!


「ボルダリング」のルールと見どころは?


「ボルダリング」

4分の制限時間内に

高さ5m以内に設定された複数のコースを

いかに多くいくつ登れるかを競います!

選手はロープを付けず

途中で落下しても再度チャレンジOK!

コースはカベの途中から

オーバーハング(手前に角度がつき傾いている)

していることが多く

頭脳、体力、筋力、柔軟性

様々な要素に

バランスよく長けている必要があります!

「ボルダリング」

コースとなるカベによって角度が違ったりと

ひとつひとつのカベを登る難易度が

かなり高く

バランスを取りながらの

力強いダイナミックな動きが観戦の魅力です!

しかし

コース攻略のためには

細かい動きやルートを見極める判断力も

重要なカギを握っています!

スポンサーリンク


「スピード」のルールと見どころは?


「スピード」は

高さ15mのカベに設置されたルートを

いかに速く駆け登るかタイムを競います!

選手は安全のためにロープを付け

2人の選手がとなり同士で

同一条件のカベを

一気に駆け上がります!

フライングは一発で失格!!!

ケッコーきびしいですね!

「スピード」は

やはり

躍動感あふれる

爆発的な瞬発力が魅力です!

15mものカベを

男女とも

たった数秒で駆け上がる迫力は

圧巻です!!!

スポンサーリンク


まとめ


ここで補足ですが

「リード」「ボルダリング」については

他の選手のクライミングを見て参考にすることで

後続の選手が有利になってしまうため

競技前の選手は

自分の順番が来るまで

他の選手のクライミングを見ることはできず

試合開始直前に

カベを見てコースを確認することができます。

スポーツクライミングは

ホールドを手で掴み体重を支えることが多いため

指先の力や握力、腕力に目を向けがちですが

実は

ホールドを足で確実に掴むため

足の指に力を入れやすく

滑りにくい特殊な素材で作った

きっつきつサイズの

クライミングシューズを履いており

手の指先から足の指先まで鍛え上げられた

選手たちの

バランスと体幹が見るものを魅了します!!!

「リード」 は 高さ

「ボルダリング」 は 回数

「スピード」 は 速さ

今回の東京オリンピックでは

複合競技として

スポーツクライミングには

この

3つの総合力が求められます!!!

日本は

「ボルダリング」においては世界トップクラス!

「リード」「スピード」2種目の成績が

どこまでメダルに近づけるかの

カギを握ると思われます!!!

スポーツクライミング

2020年 東京オリンピック

正式種目に採用されたことで

ボルダリング

人気も

さらに上昇し盛り上がっています!

今回の記事を参考にしていただき

東京オリンピック観戦を

みんなで楽しみましょう♪

関連記事

3×3バスケ東京オリンピック正式種目入り!3on3からの進化!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする