手土産の渡し方マナーとは?どんなものを準備してどのタイミング?

訪問先にお菓子などの手土産を持参する場合

相手に渡すタイミング

どのように手渡せばよいかなど

失礼のない渡し方をご存知ですか?

今回の記事では

どんなことに気をつけ

手土産を準備し手渡させばよいのか

ご紹介します。

スポンサーリンク


手土産はどこで、どんなものを準備すれば?


手土産とは

挨拶の時に手渡す

相手への気持ちを表したもの

と考えてください

ですから

あまりに高価なものを

手土産に渡してしまうと

一般的な感覚からは

逆に

相手が気を遣ってしまう場合もあるので

お気をつけください。

他の注意点としては

菓子折りの場合

渡す対象となる相手の人数に応じ

中身の個数は決めること

できれば

相手の近所や最寄駅で購入するのは

避けましょう

手土産を持参するのであれば

相手を思いやる気持ちで

事前に準備すること

こそ!

マナーと言えます!!!

しかし!

一刻を争うような謝罪の場合は

そんなことは言っていられません!

時間を優先させてください!!!

(車の場合は焦らずくれぐれも安全運転で!)


手土産を渡すタイミングは?


手土産は

玄関先などでは渡さず

通された部屋の中で

お互いの挨拶が終わったあと

渡す流れが自然かと思います。

あと

言ってしまうとなのですが!

謝罪の場にしても

商談の場にしても

本題に入る直前に

相手に恩を売っておくのが

まあ

効果的ですよね!笑

スポンサーリンク


手土産の渡し方は?


手土産にする品物は

紙袋に入れるか

風呂敷に包んでいる場合もあるでしょう

基本的に手土産を渡す場合には

紙袋や風呂敷から取り出して

品物の正面を相手に向け

両手で手渡すようにすると

上品な印象です!

漢字多すぎ!笑

しかし

気軽なシチュエーションであれば

「袋のまま失礼いたします…」など

一言断って手渡せば

その小さな心遣いの言葉が

印象をアップさせます!!!

そう言えば

手土産を渡す時のセリフですが

よく聞く

「つまらないものですが…」

最近では

あまり印象がよくないと言われてますので

「ほんの気持ちですが…」

「心ばかりですが…」

などにしておくと無難かと思います。

手土産を渡したあと

紙袋や風呂敷は基本的に

折りたたみ

渡さず持ち帰ります

会社や自宅で渡すのではなく

相手が持ち帰る場合は

相手が持ち帰りやすい様

折りたたんだ紙袋を

品物の下に敷いて渡すのが

スマートな方法です!

スポンサーリンク


まとめ


手土産は

挨拶のときに手渡す

相手への気持ちを表したもの

相手に対する

誠意や情熱、反省の意思や喜びの気持ちを

大切に

準備しお渡しすることで

こちらの気持ちも伝わることでしょう♪

関連記事

社会人として一目置かれる電話マナー!3つのポイント簡単解説!

お休みを頂いております?お休みさせて頂きます?違和感ないですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする